松村 雄己(まつむらゆうき), C.O.M.T., C.C.P.
【職業】整体師、メンタルコーチ、
占い、風水、結界師、陰陽師、開運アドバイザー
【生年月日】1985年7月27日生まれ A型
【学歴】
・あけぼの保育園
・西小学校
・崇廣中学校(ソフトテニス部)
・上野高校(硬式テニス部)
・京都産業大学 経済学部 経済学科
【職歴】
・建設機械リース会社 営業
・高齢者向け有料老人ホーム 総務
・リラクゼーションサロン 店長
【趣味】
旅行、グルメ、カラオケ、ドライブ、バイク、テニス、etc.
【所有資格】
日本ソフトカイロプラクティック協会 講師
Palms Chiropractic College卒業
PIBW認定 Professional Cranio-Practitioner
OCO認定 頭蓋仙骨療法アドバンス国際コース修了
神経整体セミナー修了
DRT(ダブルハンドリコイル)強化セミナー修了

癒楽身体療法 各種セミナー修了
カサハラ式フットケアポディスト
CODE15セミナー修了 ほか多数
 ※C.O.M.T. / Certified Osteopathic Manual Therapist
 ※C.C.P. / Certified Chiropractic Practitioner

現在に至るまでの私の人生

プロフィールページまでご覧いただきありがとうございます^^

※ストーリーに事実も混ぜて、問いかけも入れながら書く

家族の仲が悪く毎日布団で泣いていた小学生時代
もう今から30年以上も前のこと。一人っ子だった私は両親と祖父母の5人家族、両親は共働きで、父親は夜勤も多くあまり家にいなかったJR職員。母親は朝早く帰りも遅い勤めの美容師。両親とも家にほとんどいなかった私の面倒を見てくれたのは父方の祖父母でした。小学校ではリーダー気質で友だちと遊ぶのが大好きな活発な少年でした。しかし家では、毎晩のように繰り広げられる母親と祖母の口論に、両手で耳を塞いで布団の中にもぐりこみ、ケンカの声が聞こえないよう辛抱する毎日でした。そんな事が続くと、子どもでもこの辛さから解放されたいって思うんです。布団の中で舌をグッと噛みちぎろうとして、けどやっぱり怖くなって泣いて、そのまま寝てしまうなんていう夜も少なくありませんでしたね。そんな影響からか、家族がケンカにならないよう人の顔色を伺うようになったのもこの頃でした。あなたは大丈夫ですか?自分を殺して人の顔色を伺ってしまうのが辛い、そう言って私のもとに相談に来られる方は非常に多いです。「自分を押し殺す」これが自己否定となり、自己肯定感を下げていると知ったのは、私がセッションに出会い、心理学を学ぶようになってからのことです。しかし所詮は子どもの考える浅知恵。家族のケンカは止まず、母親と家出し、山添の実家から小学校に通うこともしばしば。そしてある日、事件が起こります。母親の父(祖父)が行方不明になりました。地域で大捜索となり、自宅の裏山で首を吊っているのが発見されました。自殺でした。それからというもの、家族関係はさらに悪化していきます。

ちょっと大人になった中学生時代
しかしそんな私も中学生になる頃には、心も成長してきたのか、多少のことは辛抱できるようになりました。家族のケンカは相変わらずだったけれど、自分が気にならなくなると学校生活にも集中でき、部活動ではソフトテニス部のキャプテンを任されるようになりました。部活動に明け暮れた私は、幸い友人には恵まれ、毎日のように学校帰りに友だちが遊びに来てくれて、こんなに楽しい日がずっと続けばいいのに!そう思っていました。しかし、そんな楽しい日々も長くは続きません。忘れもしない中学2年生の夏。頻度こそ減ってはいたものの変わらず続いていた家族のケンカ。その際、初めて私は声を荒げたのです。「黙れ!」そう怒鳴った私の右手は部屋の戸を突き破りました。思えば初めての親への反抗だったかもしれません。しかしそんな私の精一杯の抵抗も虚しく、私が中学校を卒業するタイミングで両親の離婚が成立します。

不登校になった高校生時代
高校生になると同時に、私は母親と家を出ることになります。次に住む場所が決まっていなかったので、母の勤める美容室に居候させてもらうことになりました。恥ずかしながらサザエさんのような家族像に憧れていた私にとって、親の離婚ほどつらい事はありませんでしたが、「もう家族のケンカを聞かなくて済む。」そう思うと心が少し救われました。しかしそう感じたのも束の間、高校への通学途中のことでした。毎朝、通学路に不自然に止まっている見慣れた車。祖父母でした。今となって思えば、孫を想う祖父母の気持ちはわからなくもありません。ですが当時の私にとっては「僕と母を追い出したくせに!」、毎朝待ち伏せのように様子を見に来る祖父母の行動にひどく苛立ち、精神を乱されていきました。監視の目が嫌で不登校にもなり、学校に行けない時期もありましたが、そんな高校生活も終わりを迎える頃、私の人生に転機が訪れます。

全てから解放された大学生時代
心の不安定からやりたいことがなかった私も、就職か進学かの進路を決めなければいけません。そんな時「外の世界を知るのも大事だから大学へ行っておいで」と、生活も楽ではなかったのに、母はそう言って私を大学へ行かせてくれました。当時は特に大学に行きたいわけではなかったけれど、伊賀の地から離れることで何か変わるかもしれない、その思いで京都で一人暮らしをすることになりました。家事に炊事、何もできなかった私は一人暮らしに悪戦苦闘しますが、祖父母のストーキングから解放されたことは、私にとって大きな安心材料でした。大学生活は本当に楽しいもので、学業はそこそこしかできませんでしたが、硬式テニスサークルに所属し副部長を任され、60名ほどいた部員をまとめてテニスに遊びに旅行と色々な経験をしました。しかし4回生にもなると、友人たちがなりたい職業に就職していく中、相変わらずやりたいことのなかった私は、場面緘黙(※緊張して人前で黙ってしまう)で面接がうまくできず、決まらない内定に焦っていました。そして卒業も近づいた頃、ようやく就職先が決まります。

実はこのやりたいことがない、というのがメンタル的には非常にまずい状態なんです。我々人間は本来欲求を持って生まれてきます。赤ちゃんの時はお腹が空いたら無くし、おむつが不快でも泣きます。生きたいから生きています。しかしやりたいことがないという人は、本当は、本当はやりたいことはあるんだけど、それが親からかもしれないし、自分でかもしれないし、私にはできない、どうせ食べていけないから、などと自分を否定してそれを見えなくさせているんですね。人間が悩みなく生きる方法は、心理学ではすでに答えは出ていて、「主体的に生きる=やりたいことをやって生きる」と言われています。逆にやりたくないことばかりやっているとどうなってしまうのか?どうなると思いますか?私を例として続きを見ていきましょう。

そう、我々はやりたくないことばかりやっていると、鬱になるんですね。やりたくないことを嫌々やっているので、至極当然の結果ですね。

そして鬱になった社会人時代
建設機械のリース会社でした。数か月の研修の末、神戸に赴任することになったのですが、特に仕事にやりがいを感じていたわけではない私は、やはり仕事が続かず1年足らずで退職します。何かしなくては!気持ちだけ焦る私は、次に決まった名古屋の有料老人ホームで、また心を壊すことになります。結局前職と同じ、やりたい仕事ではなかったため、自分から仕事を見つけに行くということができなかった私は、次第に上司からの圧力に耐えられなくなり、急に涙が溢れてきたり、日夜続く頭痛に悩まされるようになります。そんな状態がしばらく続いた頃、抜け殻のように無気力になってしまった私は、どうにか気力を振り絞り最寄りの心療内科へ足を運びました。言われたのが「うつ状態」でした。まさか自分が!?そんな気持ちでした。「僕は社会不適合者なんだ」そこから退職への流れは早く、再就職した会社も1年たたずに辞めることになりました。10年以上も前なので当時は耳にしませんでしたが、私は今で言うADHDやHSPだったんでしょう。

生きてるのがつらかったニート時代
せっかく再就職できた会社もまた辞めてしまい、しかも今度はメンタルまで壊してしまうオマケつき。母親が一人で暮らす実家に帰ってきました。無気力で何もできない状態に、最初のうちは母親も心配してくれました。当の私はというと、働いてもまた辞めてしまうんじゃないだろうか?自分には何ができるんだろう?あれはダメ、これはダメ!と行動もせず、ネットの情報ばかり鵜呑みにして頭でっかちになっていました。そんな生活が半年、1年と続くと、いい加減母親からも「いつ働くの?」という言葉が出るようになり、やりたくてもできない葛藤から母親にきつく当たってしまう自分にまた罪悪感を感じるという悪循環に陥っていました。良くなりたいという気持ちは本当でした。脳の検査を受けに行ったり、良いと聞けば大阪や京都まで針灸や整体も受けに行ったんです。ですがなかなか無気力と頭痛は良くならず、半ば諦め気味で行ったカイロプラクティックで私の人生が再び動き始めます。

何をしていいかわからなかった当時、少しでもヒントがあればと行ったのが占いでした。京都の有名な占い師さんで、2万円くらいしたと思います。生年月日と名前を教えただけで、性格的な特徴や、いろんなことを言い当てられ、おっと思ったのを覚えています。その時に、修理業、マッサージ業が向いていると言われ、その言葉がカイロプラクティックセミナーの後押しになりました。

生きがいを見つけた整体師時代
他の治療とは違う感触を受けたカイロプラクティックに毎週1年ほど通った結果、あれだけ苦しんだ頭痛がなくなったんです!そして先生から思わぬ言葉が。「カイロプラクティックを勉強してみない?」当時はまだ仕事もしていなければ収入もありません。高額なセミナー費用にどうしようか?迷ったのも事実。しかしこれ以上失うもののなかった私は、もしかしたら”自分と同じように困っている人の役に立てるかもしれない!”そう思い、カイロプラクティックを学ぶことを決心しました。『人の役に立ちたい』そんな生きがいを見つけた私は、水を得た魚のようにあれだけ無気力だった心にもやる気が湧いてきて、そこからはひたすらカイロプラクティックの勉強に明け暮れます。アルバイトでマッサージをする傍ら、各地の勉強会に顔を出すといった生活を繰り返し、数年後、私は念願の整体院を開院することになったんです。自宅の裏庭に建てた小さなプレハブ小屋でのスタートでした。しかし「あそこに行ったら良くなるよ!」そんなみなさんの口コミのおかげで、どんどん評判になっていき、さらに数年が経つ頃には隣の土地に整体院を移転するまでになり、ずっとそんな調子の良い日が続くと思っていました。

あまりの忙しさから自分を見失った迷走時代
好奇心の赴くままカイロプラクティックに留まらず、ありとあらゆる整体法を学びました。その甲斐ありたくさんの困った方を救えるようになり、そこに費やした費用は軽く1,000万を越えます。お陰様で予約が取れない整体院として伊賀で一番と言われるようになり、小さい頃から色々つらい経験もしけどようやく報われたんだ、そう思いました。その間に結婚もし、第一子を授かり、全てが順調にいってるかのように見えました。しかしお願いされたら断れない性格から、週6日朝から晩まで一日中働く毎日。家族と過ごせる時間は仕事の終わった22時過ぎと週1の休みの日のみ。次第に夫婦の溝も大きくなっていき、金銭面での余裕は出来たものの、家族で出掛けることはおろか、一緒にご飯を食べる時間すらないという日々に、何が楽しくて生きてるんだろう?なんのために生きているんだろう?このままだと離婚した両親と同じことをしてしまうのではないか?子どもに同じような想いをさせてしまうのではないか?そう思い悩むようになり、精神的に追いこまれていく中、とある整体セミナーで1人の先生と出逢うことになります。

セッションと出逢った自分大改革時代
その先生は元神主で現整体師でありながらも占いや風水、あらゆることに精通した方で、人生に悩んだら占い?くらいの頭しかなかった当時の私は、その先生に「占いを教えてください!」と懇願しました。快く引き受けてくれた先生は、占いを私に教えてくださり、その中で実は占いよりも現実を大きく変化させる方法があるということを教えてくれました。それが自己統合のセッションで(私が潜在意識のセッションとして提供しているものと同じもの)、本当の自分から分離してしまった自分を再統合させていく心理療法でした。
先生のセッションは1回5万円と高額でしたが、月に2回セッションを受けるようになり、自身の課題が次々と解消されていく中で、もはやあなたも知っての通り子どもの頃から色々あり悩みやすい性格だった私が、あらゆるしがらみや悩みから解放され、今では子どもも3人授かり、休みも自由に取りながら、毎週子どもたちと出かけ、家族で旅行へ行ったりと人生を思いっきり楽しめるようになりました!
自分自身が長く悩み続けていた不安とネガティブから解放された経験から、「潜在意識が変われば、現実も変わる!」ということを確信し、そこから自己統合のセッションを学び、心理学や脳科学、量子学、また仏教や神道といった人間真理も含まれており、あらゆる悩みの原因の根本は、自分では意識できない潜在意識にあり、いくら自分で考えても解決しないんだということを痛感しました!

ADHDやHSPでも諦めないでください。あなたがもしそうだったとしたら、それはあなたの責任ではありません。あなたが育ってきた環境があなたをそうしてしまった、本来のあなたから分離してしまっているだけなのだから。私のセッションで本当の自分が統合されてくれば、そんな症状を持っていたとしても人生を楽しむことはできるんです。だって私がそうできているから^^

私だけ違う、あの人は違う、そんなことはなく心の構造はみな同じなのです。だから心理学があります。そんな心理学も踏まえたセッション、受けてみませんか?

あなたを導くメンタルコーチ時代
自分がぶつかった「なんのために生きるのか?」。また自分の考え方次第で、人生はこんなにも自由で楽しくできるんだよ!ということを、これから未来ある子どもたちをはじめ、現在悩みを抱えて苦しんでいる人たちに伝えていくことこそ自分の使命だと気づき、一般の方だけではなく、同業者や経営者、スポーツ選手といった方たちにも自己統合(潜在意識)のセッションを施し人生のサポートをさせていただいています。

整体師でバリバリ頑張っていた頃の私は、仕事にも困っていない、お金にも困っていない、家族もある。周りから見れば、何不自由ないすごく幸せな人生を送っているように見えたかもしれません。現に「お金があれば幸せになれる」そう思っている人がほとんどで、実はそれがまやかしだと気付いている人はそう多くありません。お金があっても心が満たされていない人は、実はとても多いのです。そういう人は心の隙間を埋めるために浪費をしたり、高い物を買ったり、物欲で心の隙間を埋めようとします。本当の幸せとは、外から与えられるものではありません。本当の幸せとは、自分の内側から湧いてくる感情なのです。そのためには、あなたが今まで避けてきた自分自身と向き合うこと。そのステップが必ず必要になってくるんですね。自分の見たくないところも見ないといけないかもしれない、そう、だからみんな自分と向き合うのが怖くてイヤなんです。一人ではつらいことでも、同じ経験をしてきた私が一緒に向き合うので大丈夫です。

今や人生100年時代とも言われますが、あなたが健康で過ごせるのはあと何年ですか?残りの人生を今のままで過ごすのも良いでしょう。ですが、思い切ってあなたがセッションを受けることで、

  • 若いうちにいろいろやりたいことをやりたい!
  • 足腰が元気なうちにあちこち出かけたい!

そんな未来へのお手伝いをさせていただけるかもしれません^^
当セッションのメリットは、自分自身が変わるということもですが、1回のセッションで現実を半年早く動かすくらいの効果があります。
あなたの人生はあと何年ですか?今のままゆっくり過ごされるのもいいでしょう。しかし若いうちに、健康なうちに、やりたいことができるうちに動かないと、いざやりたいと思った時にあなたが健康な保証はありません。

ここまでお読みいただいたあなたにありがとうございます!という言葉とともに、おめでとうございます!という言葉を贈らせてください^^
私のセッションを受けて、人生をもっと自由にもっと楽しんでいきませんか^^♪

現実はすべて自分が作っています。
セッションを学び始めた時に教わった言葉ですが、初めの頃は意味がよくわかりませんでした。
しかし自身の自己理解が進み、潜在意識が変わっていく中で、本当に自分の考えていることが現実で起こるようになっていくのを実体験し、それほどまでに潜在意識というものが人生において大きな影響を持っているんだということを痛感しました。

子どもの頃は自分のことがすごく嫌いでした。どうして自分だけ、生まれてこなければ良かった。
こうして今、セッションを提供する立場になり、心理学や脳科学、そのほか様々な学問を学ぶようになりわかったのが、自分のことを嫌いという人が自己理解から遠ざかっている(分離)で
なぜ今回、幼少期の頃から自己紹介をしたかというと、実は今あなたが悩んでいることや不安に思っていることの根源は、あなたが子どもだった頃からの影響が色濃く反映されているからなんです。あなたがご自身の親のことを好きと素直に言えるのなら、あなたの悩みは比較的スムーズに解消されていくでしょう。しかし中には親のことを嫌いという人もいるはずです。現に私がそうでした。親を嫌いだという人は、愛着障害という承認欲求に関する分野に大きな問題を抱えており、そこがあらゆる悩みの根底になっているのです。あなたがどれだけ自己肯定感を上げたいと、本を読んだり、動画を見たり、セミナーを受けてみたりしても、一時的な効果しか得られないのは、そんな自分自身と向き合わないといけないからなんですね。自分と向き合うのは怖いので、誰しもがイヤがるものです。しかし誰かと一緒なら、私と一緒なら大丈夫です。

実際のセッションでは、親との関係性や、親にされて嫌だったことなど両親がテーマに出てくることはよくあります。あなたが本当の自分を知るためには、あなたの親を理解する必要があるのです。だってあなたはお父さんとお母さんからの子どもなのですから。

もしあなたが、自分の思い描く未来や人生のための自信や安心感を手に入れる、そんな方法に興味があるなら、ぜひ前のページに戻って続きをご覧ください^^

施術家に向けてセミナーを開催

整体師や整骨院の先生、理学療法士などへの整体技術セミナーの講師も努め、一般の方に向けても生き方講座などを通して人生の楽しさをお伝えしています^^

プロや業界の権威からの推薦を頂いております

競艇の選手や女子サッカー選手、海外のドクターや業界の権威である著名な先生からも多くの推薦を頂いております。